歯並びの大切な話

歯並び

歯並びが悪いと・・・

歯並びが悪い事自体は、病気などの問題はありません。しかし、将来的には病気の原因とkなる可能性があり、歯並びの良さや悪さは見た目の問題だけではないのです。

歯並びが悪いと歯の手入れがしにくくなり、虫歯や歯周病になりやすくなってしまったり、噛み合わせが悪くなって頭痛等の症状が現れる場合もあります。歯並びは顔の中心になり、口は良く動くので、他人に注目されやすくあります。

遺伝などで自分ではどうする事もできない歯並びの悪さも、放っておけば健康的な被害を引きおこしますし、見た目でいい印象を持って貰い難くあります。歯並びは矯正を行う事で、綺麗な歯並びに改変する事ができます。歯並びの矯正は歯並びだけでなく、人生も大きく変えるきっかけとなります。

歯並びがわるいと、歯の磨き残しが多くなり、歯に汚れが詰まって虫歯などのを発生させ安くなります。また、物がつまりやすくなるので、口臭の原因となってしまいます。歯並びは対人関係だけでなく、人生そのものに大きく影響するようになります。よくかむ事は脳を活性化するので、脳が刺激されてひらめき力がついたり、暗記が得意になって頭がよくなってきます。

歯並びが悪くて噛み合わせが悪いと、物を噛む回数も噛めないので自然に減って、脳があまり刺激されず、脳は使われないと退化していくので、認知症などを引きおこしやすくあります。歯並びの矯正は、特に年齢制限のある治療ではありません。むしろ、早めに歯並びの矯正を行った方が、成長期の間に歯並びが改善して、心にも身体にも、いい影響を受ける事ができます。

ただ、歯並びの矯正では、既に生えている歯を力で移動させる治療ですが、一気に力を与えると歯に負担がかかり過ぎて、折れてしまう危険があります。この為、歯並びの矯正は数年間かけて、徐々に行っていきます。このように時間をかけて改善した歯並びは、見た目がよくなるだけでなく、様々なメリットがありますので、見た目の悪さを気にしていたり、噛み合わせの悪さを感じている場合は、1日も早く歯並びの矯正を行いましょう。

Copyright (C) 歯並びの大切な話 All Rights Reserved